故障者相次ぐ巨人 長野が背筋痛で登録抹消

[ 2018年9月1日 05:30 ]

巨人・長野
Photo By スポニチ

 巨人・長野久義外野手(33)が背筋痛のため8月31日、出場選手登録を抹消された。同選手の抹消は14年9月28日以来、4年ぶり。8月30日の広島22回戦(東京ドーム)の8回に左前打で一塁に走塁した後、左腰付近を手で押さえて痛がるそぶりを見せていた。

 チームは左脇腹肉離れで戦線を離脱していた坂本勇が8月25日に40日ぶりに1軍復帰したが、吉川尚は左手骨折でリハビリ中。救援陣ではマシソン、カミネロがケガのため渡米するなど、故障者が相次ぐ苦しい状況が続いている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年9月1日のニュース