U18藤原もシャキーン「本番でもやりたい」 5球で先制演出

[ 2018年9月1日 05:30 ]

U18アジア選手権壮行試合   U18日本代表4―2宮崎県高校選抜 ( 2018年8月31日    サンマリン宮崎 )

<日本・宮崎選抜>1回無死、左翼に二塁打を放つ藤原(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 最強の1、2番コンビが最高の弾みをつけた。初回、先頭の藤原恭大外野手(3年=大阪桐蔭)は初球の直球を強振。遊撃手の頭上を襲う左前打で一気に二塁を陥れた。50メートル走5秒7の快足で1万6000観衆の度肝を抜くと、続く小園海斗内野手(3年=報徳学園)の打球は一塁手のグラブを弾き、右前へ転がった。わずか5球で奪った先制点。これこそチームが目指す理想形だ。

 「小園との1、2番は、一番打線が活発になる。自分たちの持ち味が出せました」

 藤原は4回にも圧巻の一撃を放った。前の打席で空振り三振を喫したカットボールを狙い、中前へ運んだ。この日は阪神など7球団が視察。ヤクルトの橿渕聡スカウトグループデスクは「あの対応力はさすが。すごい」とうなった。相棒の小園も3回に戸郷の149キロ直球を中前へ運び、ともに2安打をマーク。2盗塁と足も披露した2番打者は「1、2番で点を稼いでいきたい」とうなずいた。

 藤原は9回に登板した吉田との「シャキーン」のポーズもバッチリ決めた。大歓声に「緊張しました。みんなからぎこちないと言われましたが、吉田君に感謝したい。本番でもやるつもりです」とはにかんだ。3日の初戦は香港が相手。いざ2大会連続優勝へ――。枚方ボーイズ、昨年のU18代表でも1、2番を組んだ2人が乗ってきた。(吉仲 博幸)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月1日のニュース