中大 最下位確定…2部との入れ替え戦へ「期間がある」

[ 2018年5月24日 05:30 ]

東都大学野球第7週第2日   中大0―3駒大 ( 2018年5月23日    神宮 )

<中大・駒大>6回に2ランを浴び、悔しそうに引き揚げる中大・畠中(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 中大は先発した左腕・畠中が5回まで無失点に抑えたが、6回に先制2ランを被弾。打線も下手投げの多崎の前に最後まで沈黙し、零敗を喫した。

 16年春以来の最下位が決まり、2部との入れ替え戦に回る清水達也監督は「入れ替え戦(6月)まで期間がある。全部をレベルアップします」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月24日のニュース