埼玉アストライア山崎 名誉挽回打「何とか取り返そうと」

[ 2018年5月24日 05:30 ]

日本女子プロ野球   埼玉アストライア6―4京都フローラ ( 2018年5月23日    上尾市民 )

<埼玉アストライア・京都フローラ>初回に適時打を放つなど勝利に貢献した埼玉アストライア・山崎
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズは、埼玉が京都に競り勝った。初回に3点を先制されたが、その裏に3番・田口の犠飛で反撃開始。6番・今井の2点打、7番・山崎の右前適時打で一挙4点を奪い、逆転に成功した。

 3回にも2点を追加し、7回の相手の反撃を1点に食い止めた。山崎は「初回に守備でミスをしてしまったので、何とか取り返そうという気持ちで打席に入りました」と声をはずませた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月24日のニュース