ロッテ有吉 次が楽しみ 初先発で及第点の5回2失点

[ 2018年5月24日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ0―2日本ハム(9回表無死降雨コールド) ( 2018年5月23日    ZOZOマリン )

<ロ・日>5回2失点と好投した有吉(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 今季4度目の零敗で連勝は4で止まったが、プロ初先発起用のロッテ・有吉が、5回7安打2失点と好投。リリーフではほぼ、使わなかった110キロ台のカーブを見せ球に使い、102球でプロ最長イニングを投げた。

 「失点はカウント負けだった。次に生かしたい」と有吉は反省も、井口監督は「もっとふらふらすると思ったが、しっかり投げた。次回が楽しみ」と先発の一員に加えることを明言した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月24日のニュース