立正大、1部復帰2季目は5位 坂田監督、課題は「1プレーの精度、投手陣の整備」

[ 2018年5月24日 16:19 ]

東都大学野球春季リーグ戦第7週最終日   国学院大6―5立正大 ( 2018年5月24日    神宮 )

<立正大・国学院大>初回、マウンドに集まる立正大(左から)木下、糸川、坂田監督(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 1部復帰2シーズン目は4勝7敗勝ち点2の5位に終わった。

 今季一番苦しんだのは投手陣。エースと期待した釘宮光希(4年=日大三)が出遅れ、先発陣を固定できなかった。先制すれば強いが、逆に先手を取られるとズルズルといくパターン。東洋大に連勝、亜大にも勝ち点を奪うなど実力校を撃破し力はある。坂田精二郎監督は「やはりチームとしての力のなさかな。(投手陣の)柱が決まらなかったし、優位に進めると強いんだが。1プレーの精度、投手陣の整備だね。(社会人で指導を受けた)ノムさんもゼロに抑えれば負けないと言ってるんだし」と反省多いリーグ戦となった。

 打線はドラフト候補の小郷裕哉(関西)を軸にリーグでも上位。投手も含めた守備が向上すれば秋は優勝争いも可能になってくる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月24日のニュース