楽天 守乱3連敗 梨田監督「正面と思ったらね」

[ 2018年5月24日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天2―5オリックス ( 2018年5月23日    楽天生命パーク )

<楽・オ>戦況を見守る梨田監督(前列左)ら楽天ベンチ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 楽天は5失点のうち、3点に守備のミスが絡んで3連敗を喫した。

 初回1死三塁では前進守備で構えていた銀次が正面のゴロをトンネル。7回は細川の捕逸で3点目を失い、9回は松井の暴投で嶋がボールを見失い、二塁走者の生還を許した。前日に続いて失策が失点につながり、梨田監督は「正面と思ったらね。起用した監督が悪い。(9回の暴投も)はじいてもランナーは三塁で止めないと」と渋い表情を浮かべた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月24日のニュース