西武・岡田 攻守で光る V打&しぶといリード

[ 2018年5月24日 05:30 ]

パ・リーグ   西武2―1ソフトバンク ( 2018年5月23日    ヤフオクD )

<ソ・西8>6回2死三塁、中前適時打を放つ岡田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 内助の功で接戦を制した。1―1の6回2死三塁から西武・岡田が決勝の中前打。捕手としては先発・十亀を9安打を浴びながら6回1失点と、しぶといリードで3勝目に導いた。

 「こういう形で打てたのは自分の中でも大きい。十亀さんにも勝ちがついてよかった」。今季の先発マスクは7試合目だが、存在感を発揮しチームの連敗も2でストップ。辻監督も「岡田がよくあそこで打ってくれた。リードも良かった」と称えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月24日のニュース