ダルビッシュ 難病ALS研究基金に1万ドル寄付

[ 2018年5月8日 14:14 ]

カブスのダルビッシュ (AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュが、アスレチックスのピスコッティが設立したALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究基金に1万ドル(約109万円)を寄付した。

 ピスコッティの母親グレッチェンさんは昨年5月にALSと診断され、闘病の日々が続いていたが、6日に55歳の若さで死去。ピスコッティはこの原因不明の難病を研究するための基金を設立したが、これまで特に親交のなかったダルビッシュから寄付の申し出があったそうだ。なお、これは7日にメジャーリーグの公式サイトが伝えたものだが、ダルビッシュ本人は寄付したことを公表するつもりはなかったという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月8日のニュース