3勝目の大谷 被弾で降板を反省「一番良くない」

[ 2018年5月8日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス8―2マリナーズ ( 2018年5月6日    シアトル )

力投する大谷
Photo By スポニチ

 【大谷に聞く】――これで3勝目。

 「まず勝てて、カード勝ち越しができて良かったなと思う。序盤に関してはしっかりゲームを組み立てていけたので良かった」

 ――投打でこの球場の景色に違いは。

 「特に心の変化はなかったけど、結構(打者との)距離感は近く感じた。比較的投げやすかった」

 ――7回に本塁打を浴び、降板となった。

 「特に疲れもなかったし、何もなかったが、ワンサイド(ゲーム)でいけるかもしれない状況の中で、まだチャンスはあるかもしれないと(相手に)思わせるような降り方は一番良くない」

 ――イチローにはアピールできたか。

 「いいところもあったし、悪いところももちろんあったので、また練習からしっかり取り組んでいきたい」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月8日のニュース