マーリンズ田沢 1回2K無失点 終盤ピンチの場面で登板

[ 2018年5月8日 12:56 ]

ナ・リーグ   マーリンズ2―14カブス ( 2018年5月7日    シカゴ )

<カブス・マーリンズ>8回途中から登板した田沢 (AP)
Photo By AP

 マーリンズの田沢純一投手(31)が7日(日本時間8日)のカブス戦にリリーフ登板。3番手の投手として1回1安打2奪三振の内容で無失点に抑えた。

 2連投の田沢は2―13とビハインドの8回途中から登板。無死一、三塁とピンチの場面でマウンドに上がり、先頭の5番・コントレラスに左中間への適時打を許した。しかし、6番・キャラティーニと7番・ラッセルを連続三振、8番・ハップを捕邪飛に打ち取り、自身は無失点。この日の球数は打者4人に対して19球。チームは2―14で敗れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月8日のニュース