阪神・金本監督 続投志願の秋山を激励 ロサ弾にも満足げ

[ 2018年5月8日 22:57 ]

セ・リーグ   阪神9―0巨人 ( 2018年5月8日    東京D )

秋山(右)とハイタッチする金本監督
Photo By スポニチ

 巨人との3連戦初戦に快勝した阪神・金本監督は、投打のヒーローとなった秋山について「変化球もキレが良く、7、8回投げてくれればと思ったが、まさか9回投げてくれるとは。6連戦の頭だったので助かった」と目を細めた。

 8回を投げ終えた時点で秋山自身に続投するか確認。「疲れが見え始めていたので、本人の意思を尊重しようとした。本人が行きたいようだったので“じゃあ行け”と」激励して送り出した。

 秋山は打撃でも適時打と本塁打を放ち活躍。金本監督は「高山や梅野は教えてもらわないと」と打撃不振にあえぐ選手たちをチクリ。4番・ロサリオの看板直撃弾には「ほしいところで打ってくれた」と満足げ。「打った瞬間に分かるホームランを見てなかったので気持ちよかった」と満足げだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月8日のニュース