松坂、球宴あるぞ!12年ぶり出場へファン投票ノミネート

[ 2018年5月8日 06:14 ]

12年ぶり球宴出場へファン投票で先発部門にノミネートされた松坂
Photo By スポニチ

 中日の松坂大輔投手(37)が「マイナビオールスターゲーム2018」(7月13日・京セラドーム、14日・熊本)のファン投票マークシート用紙に先発部門でノミネート選手として記載されていることが7日、分かった。投票は今月下旬から開始。選出されれば西武時代の06年以来12年ぶりの出場となる。

 松坂は4月30日のDeNA戦で国内では06年9月19日ソフトバンク戦以来、4241日ぶりの白星を挙げた。直球も15年の右肩手術後、最速となる147キロをマーク。ここまで3試合に登板し、1勝2敗ながら防御率は2・00で復活を強く印象づけている。次回先発は11日からの巨人3連戦で、今後も好投を続ければ話題性も含めて、最多得票で選出される可能性は十分ある。

 球宴第2戦が行われる熊本県の藤崎台県営野球場は16年4月の熊本地震で内野席の一部に亀裂が入るなど、甚大な被害を受けた。松坂は同球場でプレーしたことはないが、同年の7月に復旧費用として1000万円を熊本県に寄付している。復活した姿も見せられれば、熊本県民に活力を与えることができる。

 復活勝利を挙げた際、37歳の右腕は「また(子供たちに)顔を覚えてもらえるように頑張る」と話していた。球宴という夢舞台ならば、これ以上ない機会だろう。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月8日のニュース