阪神・秋山、完封&ソロと投打に活躍 ロサリオは看板直撃弾

[ 2018年5月8日 21:13 ]

セ・リーグ   阪神9―0巨人 ( 2018年5月8日    東京D )

阪神先発の秋山
Photo By スポニチ

 阪神先発の秋山が5安打完封。打っては2安打2打点1本塁打の活躍を見せ、投打で勝利に貢献した。チームは3連勝。

 阪神は2回1死から3連続四死球で満塁とすると、遊撃・坂本のエラーで1点を先制。さらに秋山の左前適時打、1番・鳥谷の犠飛で2点を追加した。

 その後も3回に4番・ロサリオが看板直撃の3号ソロ、4回に秋山が左翼席へソロを放ち5点差。5回も2死満塁から7番・高山が中前へ2点適時打を打ち、前半で大量7点のリード。9回には3番・糸井がとどめの6号2ランを放った。

 先発の秋山は三塁を踏ませない投球を見せ、5安打完封で今季3勝目。巨人戦では昨年5月から勝ち星から遠ざかっていただけに、うれしい白星となった。

 巨人は先発・山口俊が早い回に崩れ、5回7失点と大誤算。打線は秋山を最後までとらえきれず、2連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月8日のニュース