打率低迷した今季のロッテ 井口新監督で大幅アップなるか

[ 2017年11月6日 05:30 ]

紅白戦   白組14―7紅組 ( 2017年11月5日    鴨川 )

 5日の紅白戦では14対7と打線爆発のロッテだが、今季の479得点はパ最少で、2桁得点3試合、7得点以上14試合もリーグワーストだった。また、打率も開幕45試合目まで1割台に低迷するなど、最終・233で12球団最低。東京時代の65年に記録した・232に次ぐ球団ワースト2位になった。

 なお、最近のロッテの新監督就任年の打率を見ると、10年西村監督は・275(前年・256)、13年伊東監督・262(前年・257)。両監督ともに打率アップを果たしており、井口監督にも記録的低打率からの大幅アップを期待したい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月6日のニュース