埼玉アストライア初V!兵庫に逆転勝ち 女子野球ジャパンC

[ 2017年11月6日 05:30 ]

スポニチ後援第7回女子野球ジャパンカップ最終日   埼玉アストライア5―2兵庫ディオーネ ( 2017年11月5日    わかさスタジアム京都 )

逆転勝ちでジャパンカップを制した埼玉アストライアナイン
Photo By スポニチ

 女子野球ジャパンカップは準決勝2試合と決勝が行われ、プロ同士の決勝戦は埼玉アストライアが5―2で兵庫ディオーネに逆転勝ちして初優勝した。

 初回に2点を先制されたが、岩谷の中犠飛で反撃開始。6回に只埜の中越え二塁打で追いつくと、7回は無死満塁から4番・川端の2点中前打で勝ち越し、只埜の右犠飛で突き放した。

 決勝打を放った4番打者は「このチームで優勝したかった。チームメートに笑顔で出迎えられたときはうれしかった」。初回の2失点だけで100球で完投勝利の磯崎も「最終回も必ずみんなが点を取ってくれると思っていた」と満面の笑みだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月6日のニュース