阪神が台湾代表左腕獲得 140キロ台後半の直球が武器

[ 2017年11月6日 19:43 ]

 阪神は6日、野球のアジア選手権の台湾代表で国立台湾体育運動大の呂彦青投手(21)=178センチ、72キロ、左投げ左打ち=を獲得したと発表した。140キロ台後半の直球が武器。7日に兵庫県西宮市内で記者会見する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月6日のニュース