おかやま山陽「神懸かり的」 ミラクル9点差大逆転V

[ 2017年11月6日 05:30 ]

秋季高校野球中国大会決勝   おかやま山陽12―11下関国際 ( 2017年11月5日    尾道市びんご運動公園 )

 おかやま山陽は7回表終了時で2―11と9点差をつけられながらミラクル大逆転で中国大会初優勝。堤尚彦監督は「スタンドの3年生と後輩の応援が凄かったので、ベンチも諦めていませんでした。7回から9回は神懸かり的でした」と振り返った。

 5点を追う9回に7安打で同点とし、10回2死三塁から途中出場の宮本が左前適時打。夏の甲子園の先発メンバー7人が残る下関国際をうっちゃった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月6日のニュース