“新生”誠也見せる!離脱で人間的にも成長「ケガして大正解」

[ 2017年11月6日 10:35 ]

大野練習場で苫米地トレーナー(左)とランニングする広島・鈴木
Photo By スポニチ

 新たな姿をお見せします!広島・鈴木誠也外野手(23)が5日、右内くるぶし骨折からの順調な回復ぶりをアピールした。悔しい途中離脱であったことに変わりはないが、時を経て自らの成長に向け良い機会であったことを強調。7日から宮崎県日南市で行われる秋季キャンプには参加せず、これまで同様に廿日市市の大野練習場で調整を続ける。

 悪夢の8月23日から2カ月半。すでにギプスや松葉杖は外れ、鈴木は軽いランニングを再開できるまでに回復した。先月下旬からはマシン打撃も再開。着実な回復を見せている若武者は「ケガの功名」を強調した。

 「ケガをして大正解だったと思う。『ナイス、ケガ』と最近ずっと思っている。引いて見たときにいろいろ感じた部分がある」

 8月23日のDeNA戦(横浜)でフェンス際への飛球をジャンプ捕球。着地をした瞬間に右内くるぶし骨折、三角じん帯損傷を負った。全治3カ月の診断を受け、同29日には広島市内で手術。無念の途中離脱を余儀なくされていた。

 だが、それだけでは、終わらなかった。離脱後、チームの激闘を見つめるうちに考えが変わったという。「自分が頑張って感動を与えていたと思っていたけど、応援によって感動をもらっていたんだという感情が芽生えた」。新たな視点で芽生えた感情が、人間的な成長を呼んだ。

 打撃を見つめ直す契機にもなった。今季は打率・300、26本塁打、90打点をマーク。理想とする中堅方向への打撃ができないもどかしさを、抱えていた。その払拭(ふっしょく)に向けて日々鍛練を重ねている。

 「シーズン中から左翼方向への打球が多いと感じていたけど、なかなか(修正が)難しかった。来季は中堅方向に力強い打球を打てるように、今は体に覚え込ませようとしている。今年よりレベルアップしたい」

 そんな中、朗報も舞い込んできた。母校・二松学舎大付の永井が、広島からドラフト4位で指名されたことだ。「うれしい。ライバルになると思うけど、一緒に頑張っていければ」。5学年下の後輩の存在を刺激に、さらなる成長曲線を描く。

 「人生、なるようになる。今後はケガをしないようにしないといけないけど」

 そう言って笑った背番号51。大暴れに向け、心の充電は完了した。(柳澤 元紀)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月6日のニュース