DeNA 投打のヒーロー3人揃い踏み 「すがすがしい気持ちで…」

[ 2017年7月5日 22:48 ]

セ・リーグ   DeNA4―1阪神 ( 2017年7月5日    横浜 )

スタンドの声援を背に笑顔の(左から)DeNA・梶谷、浜口、宮崎
Photo By スポニチ

 今季初の5連勝を果たしたDeNAのお立ち台には先発の浜口、逆転適時打の梶谷、自身初の5安打と大暴れした宮崎と投打のヒーロー3人が揃い踏みした。

 先発し7回途中まで粘りの投球を続けて6勝目を挙げた浜口は、「粘るのが僕の持ち味なんで、なんとかがんばりました」と自らの投球を自画自賛した。特に5回の無死一・二塁で自らと同じドラフト1位ルーキーの大山との勝負について「絶対に打たれたくないと思って思い切り投げました」と振り返った。

 続いて逆転の適時打を放った梶谷は、打席に入った時の気持ちを聞かれ「すがすがしい気持ちでした」と一言。先発の浜口について「頼もしく見ているので、このまま10勝してほしいです」とエールを送った。

 そしてこの日自身初の5安打、8回にダメ押しの適時打を放った宮崎は、打席でどんな気持ちだったかを聞かれ、同い年の梶谷のコメントをそのまま引用し「すがすがしい気持ちで打席に入りました」と振り返りスタンドのファンの笑いを誘った。2位阪神とのゲーム差が1となったことを聞かれると「まだまだ連勝できるチームなんで、これからも応援よろしくお願いします」と連勝を続けることをファンに約束した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月5日のニュース