おかわり 納得2戦連発 有藤に並んだ歴代31位348号

[ 2017年7月5日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4―1日本ハム ( 2017年7月4日    東京ドーム )

<日・西>初回2死二塁、先制2ランを放ちナインに出迎えられる中村(左)
Photo By スポニチ

 西武の主砲・中村が初回2死二塁で2試合連発の先制18号2ラン。左翼席中段へ、滞空時間の長い「アーチスト」らしい一発に「いいタイミングで、いいスイングができた」と振り返った。

 7月は4戦4発。通算348本塁打は有藤通世(ロッテ、現スポニチ本紙評論家)に並ぶ歴代31位となった。前日は逆転3ランを含む2本塁打。森投手コーチに勝利をささげ、この日午前に営まれた告別式では中村のホームランボールが遺族に手渡された。試合前のフリー打撃を見て「角度も良かった。今日も(一発が)出ると思っていた」と辻監督。まさに予感的中だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月5日のニュース