ダル 5回途中7失点で降板 精彩欠き今季ワーストの内容

[ 2017年7月5日 11:23 ]

ア・リーグ   レンジャーズ―レッドソックス ( 2017年7月4日    アーリントン )

レッドソックス戦に先発したダルビッシュ (AP)
Photo By AP

 レンジャーズのダルビッシュ投手(30)が今季7勝目を懸けて4日(日本時間5日)のレッドソックス戦に先発。しかし、5回途中、4回1/3を投げて11安打7失点と精彩を欠き、白星を手にすることができなかった。4回1/3は今季最短での降板で、被安打、失点もともに今季ワーストの内容だった。

 初回を三者凡退と好スタートを切ったダルビッシュだったが、2回に4安打と集中打を浴びて2失点。1死からラミレスの二塁打でピンチを迎えると、続くベニンテンディに中前適時打。さらに、バスケスの中前打で2死一、三塁とされると、9番打者の林にも右前適時打を許した。

 3回は2番から始まる上位打線を三者凡退。しかし、波に乗れないダルビッシュは4回に再び4安打2失点。バスケスと林にそれぞれ適時打を浴び、レッドソックスに追加点を献上した。

 5回は1死からモアランドとラミレスの連打で一、三塁のピンチを招くと、ベニンテンディに甘いスライダーを叩かれ、右越え3ランを被弾。0―7と大量リードされたところで、バニスター監督は2番手・マルティネスをコール。ダルビッシュは球数88球で降板となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月5日のニュース