「負けたくない気持ちあった」岡、死球に激高し乱闘寸前

[ 2016年10月28日 08:07 ]

SMBC日本シリーズ2016第5戦  ( 2016年10月27日    札幌D )

<日・広>9回2死一、三塁、死球を受けた岡は中崎に詰め寄ろうとする
Photo By スポニチ

 勝ちたい一心だった。日頃温厚な日本ハム・岡が闘志をむき出しにした。1―1の9回2死一、三塁。サヨナラの好機で中崎の初球をでん部にくらった。その瞬間、激高。右腕をにらみつけるとマウンドへ二、三歩詰め寄った。「相手投手に負けたくない気持ちがあった」。両軍ベンチから選手が飛び出し、乱闘寸前の危機。捕手・石原に制されてようやく冷静さを取り戻すと一塁へ歩を進めた。

 場内がざわつく中、直後に飛び出した西川のサヨナラアーチ。一塁を回り始めたところでスタンドインを見届けた岡は「凄く気持ちいいです」と後輩の殊勲打に喜びを爆発させた。1点を追う7回1死一、三塁では同点中犠飛。浅い飛球だったが「うまく(田中)賢介さんが走ってくれました。なんとか同点に追いついて良かった」と三塁走者に感謝した。

 前日は2点リードの9回、右翼フェンス際の大飛球をスーパーキャッチ。2試合連続で1番として起用されたプロ3年目の25歳が大舞台で攻守に存在感を放っている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月28日のニュース