女子の甲子園練習参加を理事会で議題へ 制限付き解禁も

[ 2016年10月28日 05:30 ]

 日本高野連は27日、大阪市内で技術・振興委員会を開き、今夏の全国選手権大会の甲子園練習に参加した女子マネジャーが制止された件を討議した。出席した9人の委員全員に監督経験があり「本塁上はボールが交錯して危険」などと、危険性の観点から無条件の練習参加には反対意見が多かった。一方で「外野ノックのボール渡しは認めてはどうか」などの意見もあることから、安全対策の制限付きで参加が認められる見通しとなった。

 今後、11月22日の全体審議委員会でさらに意見交換を行い、同25日に行われる理事会で承認されれば、甲子園大会での女子部員の練習参加が可能となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月28日のニュース