柳田オープン戦2冠 昨秋手術の右肘状態も上々

[ 2016年3月22日 05:30 ]

<広・ソ>7回無死、エルドレッドの飛球を好捕する中堅手・柳田

オープン戦 ソフトバンク2―0広島

(3月21日 マツダスタジアム)
 ソフトバンクの柳田は最終戦は3打数無安打に終わったものの、いずれも12球団トップの5本塁打、14打点でオープン戦を終えた。

 オープン戦の本塁打王は2年ぶり3度目で「バッティングの状態は大丈夫だと思います」。昨季にトリプルスリーを達成し、今季は40本塁打40盗塁をターゲットに定める。昨秋に手術を受けた右肘の状態も上がってきており、「オープン戦は守れることが一番の目標だったのでよかった」と開幕戦で守備に就くことにも自信を持ったようだった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年3月22日のニュース