木更津総合 2年連続初戦突破、エース早川2失点完投&貴重2点打

[ 2016年3月22日 16:29 ]

<札幌第一・木更津総合>力投する木更津総合先発・早川

第88回選抜高校野球大会1回戦 木更津総合5―2札幌第一

(3月22日 甲子園)
 第88回選抜高校野球大会第3日は22日、甲子園球場で1回戦3試合が行われ、第3試合は初出場の札幌第一(北海道)と2年連続3回目出場の木更津総合(千葉)が対戦、木更津総合が5―2で勝ち、2回戦へ駒を進めた。

 木更津総合は秋季関東大会、札幌第一は同北海道大会優勝チーム。試合は2回、木更津総合が無死一、三塁の先制機を迎え、その後2死満塁としたが、札幌第一・上出が踏ん張り無得点。その裏に札幌第一は2死から一、二塁としたが木更津総合・早川がしのいだ。

 3回は木更津総合が2死一、三塁を逃すとその裏、札幌第一は無死満塁としたが、3者連続三振で無得点に終わった。均衡が破れたのは5回、木更津総合が1死二、三塁から小池の浅い打球が左犠飛となり1点を先制した。

 6回にも木更津総合は2死二、三塁から早川が中前2点適時打、7回は1死二塁から鳥海の左越え三塁打、相手パスボールで2点を加えた。投げては早川が最終回に2点を失ったが要所を締めて10奪三振で完投勝ちした。

 札幌第一は2回2死一、二塁、3回無死満塁と先制の好機を築いたがあと一本が出ず、9回に2点を返したものの反撃が遅かった。

 木更津総合は昨年に続く初戦突破、2回戦で土佐(高知)―大阪桐蔭の勝者と対戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年3月22日のニュース