マエケン「楽しかった」岩隈と初対決 「丁寧に投げる意識で」修正

[ 2016年3月22日 08:14 ]

試合後、握手をするドジャースの前田(右)とマリナーズの岩隈(AP)

オープン戦 ドジャース3―6マリナーズ

(3月21日 グレンデール)
 ドジャースの前田健太投手は21日(日本時間22日)、カリフォルニア州グレンデールで行われたマリナーズとのオープン戦に先発。初回いきなり3連打を浴びて2点を失ったが、その後は修正して無失点に抑え、5回4安打2失点、5三振無四球だった。

 この日のマリナーズ先発は岩隈久志投手。日本時代にもなかった投げ合いがメジャーで実現したが、前田は「すごく楽しかったし、嬉しかった」。岩隈は「もうドジャースのマエケンという感じ」と感心し、「けがをしないで頑張ってほしい」とエールを送った。

 開幕に向けて順調な仕上がりを見せたが、「立ち上がりコントロールが甘かったが、丁寧に投げていく意識でいった。あとはボールをうまく動かせた。初回2点取られることはある。そのあとしっかりゲームを作れてよかった」と振り返っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年3月22日のニュース