ダル リハビリ用マウンドから投球「すごく良かった」

[ 2016年2月25日 08:55 ]

投球練習を終え、捕手と握手するレンジャーズのダルビッシュ

 レンジャーズのダルビッシュは通常より高さ、傾斜角度が半分のリハビリ用マウンドから2度目の投球を行った。5球目から捕手を座らせ、ノーワインドアップからチェンジアップを交えて計24球。回転の良い速球が何度も低めに決まった。

 ダルビッシュは「すごく良かった。球も走っていたし」と納得顔。手術後も投球の際の体の使い方について工夫を重ねており「だいたい良い。このままでいいかな」と話した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月25日のニュース