西武開幕投手、雄星4回6失点も球質問題なし「次回以降結果出す」

[ 2016年2月25日 19:14 ]

<練習試合 西・ロ>先発して4回6失点だった西武・菊池

練習試合 西武―ロッテ

(2月25日 サンマリン)
 西武入団7年目にして初の開幕投手を務める左腕・菊池が25日、ロッテとの練習試合に先発。4回を投げて8安打6失点だった。

 直球の最速は153キロ。しかし制球が甘く、変化球も抜け気味で痛打を浴びた。それでも潮崎ヘッド兼投手コーチは「早い時期で良かった。微調整(が必要)だね」と心配はしていない様子。菊池自身も状態や球質の悪さは感じておらず、「シーズン中じゃなくて良かった。次回以降しっかり結果を出して、いい形で開幕を迎えたい」と修正を誓っていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月25日のニュース