楽天・福田 同期ソフトB島袋に負けた…刺激受けレベルアップ誓う

[ 2016年2月25日 20:05 ]

練習試合 楽天―ソフトバンク

(2月25日 アイビー)
 同級生対決に唇を噛んだ。楽天は25日、アイビースタジアムでソフトバンクと練習試合を実施。

 「7番・左翼」で先発出場した福田将儀外野手(23)は中大野球部の同期であるソフトバンク・島袋とプロ入り後、初対決。

 4回1死一塁から左腕のツーシームに三ゴロに倒れた。「島袋に軍配ですね。前の球の抜けたスライダーを打ち損じてしまい、ツーシームを打っちゃった」と悔しがった。ただ、併殺崩れで一塁に残り、続く島内の初球にあっさりと二盗に成功。「向こうも投げることで精いっぱいだったので、モーションを盗めた」と振り返ったが「7対3で島袋ですね」と素直に負けを認めた。

 昨季は2人とも1軍に定着できなかったが、「今年はお互いに1軍で活躍して対決が増えたら良いですね」と福田。ちなみに島袋とバッテリーを組んでいた斐紹も習志野高の同級生。かつての仲間の存在を刺激にして、さらなるレベルアップを誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月25日のニュース