ラミレス監督、失点重ねた救援陣に苦言「次はしっかり締めて」

[ 2016年2月25日 17:45 ]

広島との練習試合で、選手の交代を告げるDeNA・ラミレス監督。右は進藤ヘッドコーチ

 DeNAは救援陣が崩れ、今季開幕戦の相手となる広島との練習試合に完敗した。7回に小杉、8回に三上、9回には山崎康と相次いで失点。ラミレス監督は「リリーフに期待するのはイニングを3人で終えること。次はしっかり試合を締めてほしい」と苦言を呈した。

 抑えの山崎康は先頭打者に直球を二塁打され、1死三塁から犠飛で失点した。武器のツーシームについても変化の仕方に満足しておらず、状態が上がるのはこれから。昨季37セーブで新人王を獲得した守護神は「悪いところが出たのが今のうちで良かった。まだまだ精度を高めていける」と反省した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月25日のニュース