ソフトB柳田 無安打も変化球にバット出た「間はあるかな」

[ 2016年2月25日 05:30 ]

<ソフトバンク・韓国斗山>2回無死、二ゴロに倒れる柳田

練習試合 ソフトバンク3―2韓国・斗山

(2月24日 アイビー)
 昨年11月の右肘手術の影響により、B組(2、3軍)で調整を続けているソフトバンク・柳田がA組(1軍)に一時合流し、韓国・斗山との練習試合に「4番・指名打者」で出場した。

 2打席で快音が響かなかったが、変化球に対してバットが出ていることに「(打席での)間はあるかな」と手応えを口にした。実戦ではまだ無安打。「どんな球でも間があれば対応できる。そういう練習をしていきたい」と言う。右肘の状態が思わしくないが、工藤監督は「走攻守全て頑張ってほしい」と期待を寄せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月25日のニュース