高山 1軍合流即デビュー、練習試合で1安打「本当に充実した1日」

[ 2016年2月25日 19:40 ]

<練習試合 神・日>9回無死一塁 高山は投手強襲の内野安打を放つ

練習試合 阪神―日本ハム

(2月25日 宜野座)
 阪神のドラフト1位ルーキー・高山(明大)が25日、1軍の宜野座キャンプに合流。そのまま日本ハムとの練習試合に「7番・DH」で出場し、4打席目に投手強襲安打を放った。昨年10月の右手首手術のために調整が遅れていたが、ようやくの1軍デビューに「本当に充実した1日。思い切ってプレーできて良かった。(安打は)うれしいですね」と頬を緩めた。

 明大では東京六大学リーグの最多安打記録を48年ぶりに更新する、通算131安打をマーク。「とにかく早く見たい」と話していた金本監督は、「完成型に近い。根本的な幹ができている。あとは微調整だけ」と打撃フォームなどを絶賛した。

 横田、江越らとの外野の定位置争い。今後、さらに激化する様相となりそうだが、指揮官は「(高山の存在で周りが)自信をなくすぐらい。さらに(他の選手は)尻に火が付く」と話すなど、逸材の力量を高く評価した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月25日のニュース