42歳三浦 熱くなった「ガンガン良い当たりをされると…」

[ 2016年2月25日 05:30 ]

DeNAの三浦

 42歳で球界最年長のDeNA・三浦が今キャンプで初めて打撃投手を務めた。

 松本と荒波の左打者2人に計44球。直球にカーブ、スライダー、シュートを織り交ぜ、安打性の打球は8本で「ブルペンよりは気持ちが入ってくるし、ガンガン良い当たりをされると抑えたくなる」と闘争心に火がついた。27日の中日との練習試合(北谷)で実戦初登板する予定。ラミレス監督は「状態はいい」と評価しつつ、「三浦さんのペースでやってもらえたら」と調整を一任する意向を示した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月25日のニュース