金子 先発で2回無安打無失点、それでも「ボール球が多かった」

[ 2016年2月25日 21:51 ]

<練習試合 オ・斗>先発の金子は2回を無失点に抑える

練習試合 オリックス―斗山

(2月25日 清武)
 エースが復活への一歩を記した。オリックス・金子千尋投手(32)が25日、韓国・斗山との練習試合に先発。2回を無安打無失点に抑えた。ここ数年は故障や体調不良に苦しみ、2月の実戦登板は10年以来6年ぶり。慎重に言葉を選びながらも「投げられているということは順調なのかな」と、充実感をにじませた。

 初回からストライク先行の投球で相手打者を圧倒。走者を出したのは味方失策による1人のみ。まさにエースにふさわしい落ち着いた投球ぶりだったが、それでも本人は「予想していたよりボール球が多かった」と納得していない様子だった。

 2月に実戦登板した6年前は自己最多の17勝(8敗)をマーク。最多勝を獲得した。目指すはその再来。3月のオープン戦を経て、確実視される開幕投手の大役へ状態をさらに上げていく。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月25日のニュース