中日・小笠原が引退表明「この日がきたなと…すっきり」

[ 2015年9月17日 14:55 ]

 セ、パ両リーグで最優秀選手(MVP)に輝いた中日の小笠原道大内野手(41)が17日、今季限りでの現役引退を表明した。名古屋市内で記者会見し「ほっとしているというか、この日がきたなという感じ。あらゆる思いが交錯しているが、すっきりしている」と話した。

 1997年に日本ハムに入団。打力を生かすため捕手から内野手に転向し、2002、03年に首位打者。06年には本塁打王と打点王でパのMVPに選ばれ、巨人に移籍した07年にはセのMVPに選出された。11年に通算2千安打を達成。13年オフに中日に移籍してからは代打の切り札として活躍した。通算成績は打率3割1分1厘、378本塁打、1169打点。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2015年9月17日のニュース