専大連勝で勝ち点2!ユニバ金腕・高橋 好ロングリリーフ

[ 2015年9月17日 05:30 ]

東都大学野球リーグ第3週第2日 専大2―1駒大

(9月16日 神宮)
 2回戦2試合が行われた。専大は今夏ユニバーシアードで金メダルを獲得した侍ジャパン大学日本代表の下手投げ、高橋礼投手(2年)がロングリリーフで8回無失点の好投。連勝で単独トップの勝ち点2に導いた。
【日程と結果】

 専大の先発・堀田が安定せず2回から登板した高橋がチームを単独トップの勝ち点2に導いた。「先発のつもりで投げた」と直球を制球良く決め、8回1安打無失点、7奪三振で今季初勝利。大学日本代表では立大・沢田が強気で投げる姿勢に刺激を受けたといい、この日は「ピンチで動じなかった」と経験を生かした。春秋連覇に向け「(エースの)大野さんと2人で勝ち進みたい」と力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月17日のニュース