松田 自賛チーム単独トップ33号!猛打賞でチームけん引

[ 2015年9月17日 05:30 ]

<オ・ソ>9回2死 松田は右中間越えソロを放つ

パ・リーグ ソフトバンク2―0オリックス

(9月16日 京セラD)
 ソフトバンクの松田がチーム単独トップの33号ソロを含む猛打賞でチームをけん引した。

 9回に東明のフォークを右中間に運んだダメ押しの一発に、「打った瞬間に入ったと思った。コースに逆らわずにきっちり打てた」と自賛。2回には三塁内野安打で出塁し、「好きなんで“ここぞ”という時にやっています」というディレードスチールを決めて先制点を演出した。前身の南海が73年に優勝して以来の大阪でのV決定はならなかったが、「本拠地でお見せします」と約束していた。

 ▼ソフトバンク・長谷川(2回、2試合連続の適時打)1打席目からチャンスをものにでき、先制点が取れて良かった。

 ▼ソフトバンク・サファテ(通算128セーブで林昌勇に並ぶ外国人2位タイ)1位はクルーンかい?長く日本でやっているからね。でも、今はあした勝って期待に応えたいだけだよ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年9月17日のニュース