国学院大が今季初勝利!大前 リーグ戦1号となる決勝3ラン

[ 2015年9月17日 05:30 ]

東都大学野球リーグ第3週第2日 国学院大5―3中大

(9月16日 神宮)
 2回戦2試合が行われた。国学院大は5―3で中大を下し、今季初勝利。大前将吾捕手(4年)が2回にリーグ戦1号となる決勝の3ランを放った。
【日程と結果】

 国学院大の大前が1―1の2回に左越え3ランを放ち、開幕から3連敗だったチームを今季初勝利に導いた。自身のリーグ戦1号が決勝打となり「追い込まれていたけどうまく反応できた」と笑顔。捕手としても3投手を好リードし「チーム内で入れ替え戦もあるぞという声が上がっていた。ここからという気持ちでやりたい」と力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月17日のニュース