中越 21年ぶり勝利ならず…雪野サヨナラ負けに崩れ落ちる

[ 2015年8月10日 05:30 ]

<滝川二・中越>激闘及ばず、応援団のもとへあいさつに向かう中越ナイン

第97回全国高校野球選手権第4日・1回戦 中越3―4滝川二

(8月9日 甲子園)
 中越(新潟)は94年以来、21年ぶりの勝利はならなかった。雪野は9回にサヨナラ打を打たれると、マウンドで崩れ落ちた。

 力を込めた初球の直球をはじき返され「単に自分の力不足。間を空けずに同じテンポで投げてしまった」と悔やんだ。8回1死二塁から3番手で登板。そのピンチは切り抜け「自分の中でもベストの投球」と振り返った。青春の日々を思い起こし「こういう場面で投げられたのも、みんなで支え合ったおかげ」と仲間に感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月10日のニュース