智弁和歌山 守備崩壊まさかの7失策「こんなこと初めて」

[ 2015年8月10日 05:30 ]

<智弁和歌山・津商>がっくり引き揚げる高嶋監督(中央)と智弁和歌山ナイン

第97回全国高校野球選手権第4日・1回戦 智弁和歌山4―9津商

(8月9日 甲子園)
 智弁和歌山は高嶋監督が「今年は守りのチーム」と話してきた自慢の守備がまさかの7失策を犯し、大敗。

 和歌山大会では5試合で3失策だっただけに、指揮官も「見ての通り。あれだけやったらどうにもならん。7失策なんて、こんなこと初めてです」とお手上げ状態だった。エース斎藤は3回まで1安打も中盤はリズムを乱され、7回途中で降板。「エースが打たれたんだから、僕の責任」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月10日のニュース