熱中症で両手つり降板 津商・坂倉 冷静判断「試合に勝つため」

[ 2015年8月10日 05:30 ]

<智弁和歌山・津商>7回2死、左手がつり、金岡球審(右)に付き添われてベンチに治療に戻る津商・坂倉

第97回全国高校野球選手権第4日・1回戦 津商9―4智弁和歌山

(8月9日 甲子園)
 津商の坂倉が熱中症で降板した。7回2死を取ったところで、左手がつり、水分補給して一度はマウンドに戻ったが、投球練習中に今度は右手がつった。

 「試合に勝つためには、石川に託した方が点を取られる可能性が低い」と自分で冷静に判断して、後を託した。試合後は笑顔を見せながら「次は完封したい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月10日のニュース