オルティス 同郷選手の殿堂入りを祝福「アニキほどふさわしい人物はいないよ」

[ 2015年1月7日 16:19 ]

レッドソックスのデービッド・オルティス (AP)

 米国野球殿堂は6日、15年の殿堂入り選手を発表し、ランディ・ジョンソン氏、ジョン・スモルツ氏、クレイグ・ビジオ氏らと共にドミニカ共和国出身のペドロ・マルティネス氏(43)を選出。マルティネスは殿堂入り会見の席上にドミニカの国旗を設置し、「ドミニカの選手が殿堂入りすることは大きなことだ」と母国を強調していた。

 
 このマルティネスの名誉に反応したのが、レッドソックスのデービッド・オルティス(39)だ。自身のツイッターでマルティネスとゴルフを楽しんでいる画像を投稿し、「おめでとう。アニキほど殿堂入りにふさわしい人物はいないよ」とメッセージを送った。

 マルティネスとオルティスは04年にチームメートとしてレッドソックスのワールドシリーズ制覇を共に味わった仲。そして、何より2人は共にドミニカ共和国の出身。英語以外にも同様のメッセージを母国語であるスペイン語でも投稿したオルティスは、さぞかし4歳年上の“アニキ”マルティネスを、そして母国のドミニカ共和国を誇りに思ったことだろう。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月7日のニュース