早大・高橋新監督が初指導 右腕吉永に発破「エースの自覚を」

[ 2015年1月7日 05:30 ]

東京六大学・早大・初練習で指導する高橋広監督(写真中)

 東京六大学リーグの早大が6日、西東京市の東伏見グラウンドで始動した。1日付で就任した高橋広新監督(59)が初指導。右肘痛からの復活を目指す今秋ドラフト候補右腕の吉永に「彼の復活が一番大事。エースの自覚は当然出してほしい」と奮起を促した。

 野手でも茂木や重信らの候補を擁するだけに、この日は巨人など6球団のスカウトが集結。吉永は「(日本ハム1位・有原が背負ったエース番号)11を獲りにいく」と力強く復活を誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月7日のニュース