イチ マーリンズが“外野控え”で興味…複数メディア報じる

[ 2015年1月7日 05:30 ]

ヤンキースからFAになったイチロー

 マーリンズが控え外野手候補としてヤンキースからFAになったイチローの獲得に興味を示していると、複数の米メディアが5日(日本時間6日)付で報道した。大リーグ公式サイトはナショナルズからFAのシューホルツも候補に挙がっているとし、「マ軍のイチローとシューホルツに対する興味は、明らかに控えの左打者としてだ」とツイート。イチロー側は移籍先の条件に定位置争いができる環境を求めているが、13年総額3億2500万ドル(約387億円)の大型契約を結んだスタントンら既に外野のポジションが埋まっている。また、注目FA外野手のラスマス(前ブルージェイズ)がレイズと交渉を行っていることも判明。イチロー、青木とともにオリオールズの獲得候補にも挙がっており、ラスマスの動向が今後の日本選手の去就の鍵を握りそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月7日のニュース