ヤンキース ベテラン内野手のドルーと約6億円で再契約

[ 2015年1月7日 14:32 ]

ヤンキースと再契約を結んだスティーブン・ドルー (AP)

 米メディアは6日、ヤンキースが今オフにフリーエージェント(FA)となっているスティーブン・ドルー内野手(31)と1年500万ドル(約6億円)で再契約を結んだと報じた。

 ドルーは04年にダイヤモンドバックスからドラフト1巡目(全体15位)で指名を受けると、06年にメジャーデビュー。08年にはナ・リーグの遊撃手として初めて40二塁打、10三塁打、20本塁打を記録するなどの活躍を見せた。

 その後、アスレチックス、レッドソックスを経て、昨季7月にヤンキースへ移籍。レッドソックス、ヤンキース2球団合計で85試合に出場して打率1割6分2厘、7本塁打、26打点と昨季は納得のいくシーズンではなかったが、前年の13年には124試合に出場して打率2割5分3厘、13本塁打、67打点をマークしてレッドソックスのワールドシリーズ制覇に貢献した。

 ヤンキースは今オフに昨季限りで引退したジーターの後釜となる遊撃手として、ダイヤモンドバックスからグリゴリアスを獲得。ドルーは二塁手として今季のスタメンに名を連ねることになる。今春キャンプでは若手のピレラとレフスナイダーに正二塁手を競わせる話もあったが、この2選手はもう少しマイナーで経験を積むことになりそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月7日のニュース