デーブの構想 先発「中6日」&早めの継投で接戦をものに

[ 2015年1月7日 05:30 ]

楽天の大久保新監督

 楽天の大久保監督が「中6日」で先発ローテーションを回す方針を明かした。

 この日も映像やデータで他球団の研究を行うために2日連続でコボスタ宮城を訪問。「投手コーチ(高村、吉田)の希望も聞いた。先発は6人で回すと思う」と明言。

 その上で「中6日だからといって先発に120球や130球を投げてほしいとは思わない。うちは本当に継投が大事になる。先発は5回3失点なら十分」と早めの継投で接戦をものにする意向だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月7日のニュース