ソフトBドラ2栗原 理想は古田氏「すべての面ですごい」

[ 2014年10月28日 05:30 ]

ソフトバンクの指名あいさつを受けたドラフト2位の春江工・栗原は王会長のサインボール、色紙を持ち笑顔

 ソフトバンクの宮田善久、山本省吾両スカウトが春江工を訪れ、ドラフト2位指名した栗原にあいさつした。

 同校のプロ野球選手第1号になる栗原は「ソフトバンクは好きな球団のひとつでした。息の長いプロ選手になる」と緊張した面持ちで決意表明した。理想の捕手像としては「バッティングだけじゃなく、肩、フットワークとすべての面ですごいです」と元ヤクルトの古田敦也氏の名前を挙げた。山本スカウトは「走攻守バランスの取れた選手でリーダーシップもある」と絶賛した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月28日のニュース