オリックス 東野、八木に戦力外通告 園部らは育成契約へ

[ 2014年10月28日 15:17 ]

オリックスの東野

 オリックスは28日、東野峻投手(28)、八木智哉投手(30)、佐藤峻一投手(23)、近藤一樹投手(31)、山田修義投手(23)、園部聡内野手(18)の6選手に対し、来季の選手契約を行わないことを通告したと発表した。

 近藤、佐藤、山田、園部の4選手とは育成選手として再契約する方針。

 東野は巨人時代の10年には13勝をマーク。12年オフにトレードで移籍し、先発として期待されたが、昨年はわずか1勝に終わり、今季は1度も1軍に昇格できなかった。

 聖光学院で甲子園に4度出場した園部は、昨年ドラフト4位でオリックスに入団。ウエスタンでは50試合に出場して打率・191ながら5本塁打をマークしたが、8月に右肘の肘頭閉鎖不全反転骨移植の手術を受けた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2014年10月28日のニュース