なぜ背番号38?巨人 岡本に指名あいさつ 原監督直筆色紙「歴史を変えよう」

[ 2014年10月28日 16:53 ]

巨人から指名あいさつを受けた岡本は、原監督からのメッセージ入り色紙を手にプロ入りへの意気込みをみせる

 巨人は28日、ドラフト1位で指名した岡本和真内野手にあいさつをした。

 原沢球団代表らが奈良県五條市の智弁学園高を訪問。原監督直筆の「歴史を変えよう!待ってます!」と書かれた色紙を手渡された岡本は「期待に応えられるように頑張りたい」と笑顔で話した。

 背番号は38が用意された。長嶋終身名誉監督監督の「3」と原監督が現役時代に背負った「8」を合わせたもので、原監督のアイディアという。

 高校通算73本塁打の大型三塁手は「偉大な方の番号が2人とも入っているのはすごい。将来は4番を打てるような選手になれるようになりたい」と背番号の重みをかみしめていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月28日のニュース